*OREさんの俺日記*
〜 18時間耐久カラオケ大会 〜

珍プレー好プレー…人生いろいろありますが、今日は珍プレーの方のお話。


2007年5月30日川崎in歌ヒロ…
OREと山中君の2人でカラオケに行った時の話である。


「いらっしゃいませ、お時間の方は?」
『あ、スペシャルフリータイムで。』




ゴゴォゴゴゴ


店内に電撃が走る。

店員の心の中「おいおい、マジかよあの二人。」

「キモっ」

「2人で18時間歌う気かよ。」

店員から侮蔑の目でチラチラ見られる二人。

ちょっとまて、キモいはない。

お前の店のイベントだろうが〜(笑)

それでもめげない2人。

「それではお会計がお一人様1800円(仮)になります。」

俺達はあまりの安さにニヤリ

店員さんもあまりのキモさにニヤリ

客と店員の気持ちが一つになった時だった。


そして我々の間には大いなる掟が存在する。

一つ 18時間カラオケマシーンを止めてはならない。

二つ 18時間テンションを下げてはならない。

三つ 同じ歌を歌ってはならない。

四つ よく歌うアーティストは歌ってはならない。(ラルク、グレイ禁止条例)
つまり我々は18時間の間トイレも食事も電話も、相手が歌っている間に済ませなくてはならないのである。


(もはやこれはカラオケではない、戦争だ)


ここで、俺達がコンビニで買った心強いアイテム達を紹介しよう。

のど飴3ヶ
歯磨きセット
蒲焼きさん太郎多数
リンスinワン(シャンプー)
そして何故か眼帯w

備えあれば憂いなし。
ガンジーが死ぬ間際に残した有名な言葉である。


そして、戦士達は18時間を戦い抜いた…

お店に入ったのが午前11時…
お店を出たのが午前5時…

なんか外にでるとチュンチュンゆってる。
店を出る頃には店員さんもみんな変わっていた。

そしてあの名言が生まれる…

『なんかさ、カラオケ行きたくない』


僕達は今日も歌ヒロに36時間フリータイムが出来る事を祈っている。




HOME