| 戻る |過去ログ|
2006年5月の日記
 
2006年5月22日(月) 23:26

BGM 月曜  10時  12CHのまとめ

フォーカス:居酒屋 和民の社長 渡辺美樹
年間売り上げ650億円。
 
一日4時間寝る、20時間働く(?)。
エレベーター使わない。
夢カードに5年後とか20年後とかの夢を日付つきで書く、
それを常に持ち歩き、最低一日2回は見ている。
イメージするのが非情に大事!!潜在意識に入る。夢の絵描こ。
 
最初に夢に日付をつけたのは24で社長になる事。
バイト一年で300万貯めた。一日20時間。
 
夢は2回叶う、想像と実際。その二つを毎日で繋げる、繋げるのが時間。
人が夢を見ると書いて儚い(はかない)。
手帳に予定を書き、こなしたものを塗りつぶす。どうしても終わらないものはいつ終わるか予定を立てる。
 
毎日日記を書く、進捗が悪ければ道を変える、考え直し臨機応変に、だが夢の日は絶対変えない。
夢の日を変えると妥協に慣れるから。
夢を設定するラインは、これ以上やったら倒れる、もう限界だ、というちょっと上。
無理な日を過ごすと無理が無理じゃなくなる。人は慣れる。
夢は自分で終止符を打ってしまう。年をとり、昔はこんな夢があったと愚痴る負け犬。
 
20-25才は若いという世間的な甘え。生物面から見れば大人。
知識は少ないが40歳と比べると、情熱で実力は五分。実力は同じ。
 
和民、新入社員、一年で15%辞める。居酒屋業界では少ない方。
会社は会社を大きくするため、ではなく、夢が叶うため。すると会社が大きくなる。
 
夢は絶対に諦めちゃいけない。
なぜ不安なんだ?普通に自己分析する。不安要素は何か。じゃあどの手を打つか。
不安を24時間かけて絶対に潰していく。全身全霊で潰す。
不安に思う時間は無駄。リスクに手を打つ。
 
本:新たなる挑戦
このTV:カンブリア宮殿


2006年5月3日(水) 1:26

BGM 主導者への心構え

起業を試みる友人がいる。
普通なら金や誇りのためだと思うが、彼は”みんなとマージャンする時間がほしいから”って言う。
 
とてもナイスな価値観だと思う。
彼はその為には、金・人脈・知識があればよいという。
私利私欲のため、切磋琢磨するのは素晴らしいよ。
でもそれは時に理不尽を生んでしまう。
”楽しもう、迷惑かけなきゃいい” 程度の場合だと、弱者の権利が奪われがちになる。
 
俺は不条理をなくす為、私欲を捨てたい。
つまり、楽しくなくていい。
 
俺に力があれば、不条理を消せるんだ!
体を崩すのは覚悟の上という縦社会を。
自分が可愛い主導者達を。(先生、経営者、政治家)


kao07.gif aine
5月3日(水) 16:19

企業→起業??

kao03.gif kii
5月4日(木) 17:20

訂正した。センキュ!


フッター